葬儀求人 > コラム > 葬祭ディレクターの仕事内容

 葬祭ディレクターの仕事内容

 

厚生労働省認定『葬祭ディレクター』とは、葬祭業界に働く人にとって必要な知識や技能のレベルを審査し、認定する制度です。葬祭業界に働く人々の、よりいっそうの知識、技能の向上を図ることとあわせて、社会的地位の向上を図ることとあわせ、社会的地位の向上を図ることを目的としています。高齢社会を向かえ、葬祭業務の社会的重要性が高まるとともに、葬祭サービスが消費者の身になり、消費者の視線に立っての細やかで専門性を持ったものであることが求められています。</div>

ご遺体の搬送、葬儀の企画、会場設営及び儀式の運営・司会・進行などの葬儀全般を行います。具体的な仕事としては、まず病院などからご遺体を自宅、または葬儀会場に搬送し、家族の宗旨の作法にのっとって遺体を安置します。次に喪主及び家族の希望を十分に聞いて、葬儀の日時、場所、規模、宗派予算などの打ち合わせを行い、企画書や見積書を作成します。 

企画書と見積書に基づいて、会場の手配や設営、必要健在の調達、宗教者との打ち合わせ、霊柩車やマイクロバスといった車の手配、死亡届や火葬許可証の代行業務、火葬場の手配ほか、火葬礼状や遺影写真、生花の手配をはじめとする様々な手配、会葬者数の予測、式次第の決定、役割分担や席順の決定などを行います。また、通夜・葬式・告別式・精進上げの行事全般がスムーズに行われるよう運営・進行を行います。

通夜から精進上げまでの一連の行事は多くの場合突然で、通常二日間という短期間で行われるため、葬儀の企画・運営・進行は段取り欲スムーズに行うことが求められます。 

「葬儀」は悲しみの中で厳粛に執り行われるため、葬儀業務に携わる者の言動がその葬儀の成否に大きな影響を与えます。従って職務を遂行する上で、「落ち着き、忍耐、誠実、清潔性、信頼性」といったじんあっ区的な脂質が重要視される仕事でもあります。 [br]</div>

「葬儀」は故人をいたみ、その亡き人の一生を締めくくる大事な儀式であり、家族にとって「意味ある、心に残る葬儀」でなければなりません。そのために心を込めてお世話をするのが、葬祭ディレクターの仕事です。